人生に焦ることはありませんか?【クォーターライフ・クライシスとは】

土管に入った猫
スポンサーリンク

あなたは自分の人生に対して、なんとなく焦りを感じることはありませんか?

 

私は20代後半から、大きな理由がなくても焦りを感じることが増えてきました。

なぜ自分がこんなに焦りを感じているのかわからないと、漠然とした不安で胸がもやもやしますよね。

それってもしかして「クォーターライフ・クライシス」かもしれません。

 

本記事ではクォーターライフ・クライシスを乗り越える方法をご紹介していきます。

ですがこの記事を読んだだけで、すぐにクォーターライフ・クライシスを乗り越えることはできないと思います。

 

すぐに乗り越えることができなくても、クォーターライフ・クライシスという時期があることを知って焦りや不安が起きる仕組みがわかれば、少しは焦る気持ちが落ち着くかもしれません。

 

スポンサーリンク

クォーターライフ・クライシスとは

「クオーターライフ・クライシス」とは、人生の4分の1が過ぎた時に訪れる幸福の低迷期のことです。

出典:lifehacker

20代後半から30代前半にかけては、人生において最悪の時期と言われています。

なぜなら人生に対する希望が見えなくなってしまったり、仕事や恋愛のことなど、著しく幸福度が下がる時期なのです。

 

あなたも仕事や恋愛で「このままでいいのかな」と、自分の人生に対して悩んではいませんか?

この幸福の低迷期のことは、心理学的に「クォーターライフ・クライシス」と呼ばれているのです。

クォーターライフ・クライシスの5つのフェーズ

グリニッジ大学のオリバー・ロビンソン博士は、論文『Emerging adulthood, early adulthood and quarter-life crisis: Updating Erikson for the 21st Century』の中で、人生のこの時期を5つのフェーズに分けることができると語っています。

  • フェーズ 1:仕事、恋愛、あるいはその両者において、自分がした選択のせいで、閉じ込められてしまったように感じる。いわゆる「自動操縦」状態。
  • フェーズ 2:「ここから抜け出さなければ」と感じ始め、思い切って飛び出せばなんとかなるのでは、という思いが募ってゆく。
  • フェーズ 3:仕事を辞めたり、恋愛関係を終わらせたりして、自分を閉じ込めていたと感じるものと決別する。あらゆるものから距離を置き、自分が誰であり、何をしたいのかを見つけるための「タイムアウト」状態に入る。
  • フェーズ 4:ゆっくりと、だが着実に、人生を再建し始める。
  • フェーズ 5:自分の関心や目標に合致したことに、熱意をもって取り組むようになる。

 

クォーターライフ・クライシスに陥ったとしても、多くの人は辛い時期を乗り越え、また幸福な時期に移行していきます。

しかしクォーターライフ・クライシスの時期は自分自身の気持ちがわからなくなったり、焦燥感で身動きが取れなくなってしまったり、とても苦しく混乱してしまいます。

 

このどっちつかずの状態になりやすい人には傾向があります。

それは意欲のあるタイプの人です。

 

意欲のある人は仕事、恋愛において目標を持っていたり、ある程度の人生設計をしている場合が多いです。

人生設計として設定した時期までに目標を叶えたいと思っている人ほど、クォーターライフ・クライシスに陥ってしまう可能性が高いのです。

 

しかし苦しく辛いクオーターライフ・クライシスですが、この時期を乗り越えることで大きく成長することができるのです。

 

スポンサーリンク

クォーターライフ・クライシスを乗り越える方法

そうは言っても、苦しく辛い時期は少しでも早く過ぎ去ってほしいですよね。

そこで、クォーターライフ・クライシスを乗り越える方法を3つご紹介します。

自分の内面と向き合う

臨床心理学者のジェフリー・デグロート博士は、クォーターライフ・クライシスの本当の原因は、周囲にではなく自分の中にあるのだと言います。

 

自分自身が物事に対してどう感じているのか、周囲の人や環境へどんな反応をしているのかをよく考えてみて下さい。

これはストレスを感じている状況への対処法でもあります。

 

自分の気持ちや状況、人生を見つめ直すこと。

悲観的になることをやめ、どんな小さな物事でもよいので感謝してみて下さい。

 

いまのあなたは焦りや不安で混乱している状況です。

しかしいまの状況があなたのすべてではないですし、未来永劫ずっといまの状況が続くというわけではないことを忘れないで下さい。

他の人と比べない

自分と周りのきらきらしている人たちを比べすぎないことも大切です。

SNSで昔の同級生が幸せそうにしている写真や近況を見て、落ち込むことはありませんか?

もし少しでも落ち込んだり焦る気持ちがあるのなら、SNSを見たり昔の同級生の話を聞くのはやめて下さい。

 

SNSへの投稿は、その人のすべてではありません。

その人の人生の良い部分だけを切り取っているのですから、羨ましく感じることは当然なのです。

悔しさや焦り、羨ましいという感情が自分のエネルギーやモチベーションに繋がるのであればよいのですが、そうでないときは距離を置くという選択も必要になるでしょう。

 

あなたの人生はあなただけの人生で、他人の人生を気にする必要はありません。

他人と比べること自体意味のない行為ですし、他の人もあなたに見えないだけで必ず不安や焦りを必ず感じています。

他人の期待に応えたい気持ちはできるだけ早く手放すことで、あなたは楽になるはずです。

手の届く目標や計画を立てる

クォーターライフ・クライシスのフェーズは、20代から30代にかけて繰り返されることがあります。

なのでフェーズ4の再建に到達した後は、同じ過ちを繰り返さないようにする必要があります。

 

あまりに手の届かない、非現実的な目標や人生設計は立てないようにして下さい。

「なんでこうなってしまったのか」「こんな人生のはずじゃなかった」と感じてしまうからです。

 

手の届く目標や計画を立てることで「まあ、これでいいか」と考えることができます。

現状を受け入れるのはなかなか難しいですが、一度受け入れてしまえば気持ちはかなり楽になるはずです。

 

この時期は人生の移行期間であり、いま抱えているすべての問題をいますぐ解決することはできません。

根気よく問題に向き合い、手の届く目標や計画を立てて下さい。

ここで目標や計画を達成することができれば、また同じ状況に陥った場合も、同じように乗り越えることができるでしょう。

 

スポンサーリンク

人生に焦ることはありませんか?【クォーターライフ・クライシスとは】まとめ

安心してほしいのは、原因のない焦りや不安にさいなまれているとしても「あなたは正常」です。

このクォーターライフ・クライシスは誰もが経験することなのです。

 

人生においての目標や希望はわかっているのに、いつどのように実現するのかがわからない。

それが苦しみの要因になっているのです。

しかしそれはあなただけではなく、皆同じような時期があります。

 

あなたの親や周りの大人など数え切れないほどの人が同じような経験をし、乗り越えてきています。

ですからいまあなたがクォーターライフ・クライシスの時期だとしても、この時期はいずれ乗り越えることができるはずです。

 

クオォーターライフ・クライシスは人生の転換期です。

辛いとは思いますが自分自身の成長のために、この機会に自分を見つめ直してみませんか?

 

コメント