元看護師・柚月について【自己紹介】

花と本
スポンサーリンク

柚月(ゆづき)と申します。

簡単なプロフィールはサイドバー(モバイルでは下部)に書いてますが、ここでは趣味など含めたもっと詳細な自己紹介をしていきたいと思います。

このブログを始めた理由も合わせて紹介しているので、良ければ読んでいただけると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

柚月について

  • 20代後半
  • 北国生まれ
  • 元看護師
  • 保健師資格も取得済み
  • アニメが好きなインドア派
  • 趣味はセルフジェルネイル
  • 犬とうさぎ飼ってます♡
  • 三浦大知ファン10年越え!

看護学生時代からの座右の銘は「手を抜くことに手を抜かない」です(笑)

心身ともに健康なことが幸せへの第一歩であると、看護師として挫折してから知ることができました。

 

このブログをはじめた理由

・なぜ看護師を辞めたのか

・転職を繰り返してどう変わったのか

ブログで私自身の体験を発信することで、似たような悩みを持つ方たちの助けになりたいと思ったのが一番の理由です。

 

これから詳しくお話しますが、私は新卒で勤めた病院で適応障害になりました。

いまは回復しているため楽になっているのですが、当時は絶望しかなく、とても苦しかったのを覚えています。

その当時の私のように悩み苦しんでる方がいるのであれば、いまは苦しくてもいつか必ず楽になる日がくるから大丈夫だよと伝えたいのです。

 

看護師の資格は一生消えることはないし、就職にも強く、役に立つ資格だと思います。

でも私は資格があることで苦しみました。

「なんで看護師辞めちゃったの?」

「看護師やらないなんてせっかく資格取ったのにもったいない」

「もう看護師はやらないの?」

資格は人生を豊かにするための手段でしかないのに、資格があることで苦しんでいる人は私の他にもいると思います。

私は看護師として病棟で働くことを辞める、いい意味で諦めたことによって「楽に生きる。」ことができるようになりました。

 

私の経験を通じて、看護師として病棟で働く以外の選択肢があることを知ってほしい。

看護師の資格を活かす方法はたくさんあることを伝えていきたいと思っています。

 

また、休職や退職も経験したので、その際に利用できる制度等、学校では教えてくれないが役に立つ情報も発信していきます。

健康や美容に関する情報もインターネット上にはたくさんあふれていますが、医学的に危険な情報もあるので、安全で根拠のある情報もお伝えしていきたいです。

 

私の経験が、悩みを抱えている誰かのためになれば嬉しいです。

 

看護師を目指した理由と就職先の選び方【適応障害①】
元看護師の適応障害の発症と経過①

 

コメント

  1. アバターMASAOKA より:

    私も医療業界にいます、研究職です。
    資格があると言うことで、固定化されるってわかります。
    医療業界は、外から見るのと、実際に働いてのギャップ差ですね。
    民間と公立の病院の差もかなりあります。
    私は、理不尽というか、自分で変えることもできない事にも
    苦しみましたが

    過去にジェイゾロフト飲んでました。

    精神的に追い詰められることって、多いです。
    結果を求められて、そんなにうまくいくわけないです。

    あまり気にしないこと、楽天的に、前向きにする。
    なるようになるしかない、今を大事に生きるしかないと、あるがままに生きるです。

    • アバター柚月 より:

      MASAOKAさん、コメントありがとうございます。

      私は資格があることで視野が狭くなってしまった方に、違う選択肢があることを知ってほしいので情報発信を頑張っていきたいと思っています。
      医療業界は独特な雰囲気があるように感じますし、場所によってかなり違う部分も大きいですよね。

      自分ではどうすることもできないこと、理不尽なこと、なんとなくわかる気がします。
      抗うつ薬を服用するほどに精神的に追い詰められてしまったんですね…。

      あまり気にしないこと、自分を責めすぎないことは必要だと私も思います。
      なるようにしかならないし、人生楽しんだもん勝ちです!