看護師はネイルOK?マニキュアやジェルネイルを怒られずに楽しむ方法

看護師がネイルを楽しむためのマニキュア

看護師は一般的に、ネイルはOKじゃないイメージがありますよね。

病院で働くことや患者に触れる機会が多いことなど、爪は短く清潔感を保たなければいけない…。

 

しかし、看護師でも怒られずにネイルを楽しむ方法があるんです!

あなたも看護師として働きながら綺麗なネイルを楽しんでみませんか?

 

ネイルに抵抗がある方でも、保湿でハイポキニウムを育てるだけで、綺麗な爪を手に入れる方法もありますよ。

 

スポンサーリンク

看護師はネイルOKなの?

看護師は、患者の身体に直接触ってケアする必要があります。

そのため長い爪では患者に怪我をさせてしまったり、爪が割れる危険性があります

 

また、長い爪自体細菌が繁殖しやすい環境となってしまうため、感染予防の観点からも爪は短く切っておくのが基本。

見た目も長い爪だと清潔感に欠けると判断する先輩や患者、家族がいるのも事実です。

 

みなさんも、看護学生時代から新卒で看護師として働き始めてからも、爪は短く切って清潔感を保つように指導されてきたでしょう。

 

感染予防の観点から見て、長い爪が不潔なことはわかります。

しかし、爪を切りすぎて深爪状態になっている看護師が多いのではないかと私は思います。

 

看護師は手洗いや手指消毒の機会も多く、アルコール綿を使えば指先は乾燥します。

すると爪も乾燥した状態になるので、割れたり欠けたりしやすくなってしまうのです。

 

爪が割れて皮膚が露出した状態、これは本当に感染予防の観点から見て、良い皮膚状態と言えるのでしょうか?

皮膚が乾燥していると感染しやすくなりますし、爪が割れて出血した状態でケアに当たればそれこそ感染のリスクがあると思います。

 

NICUで働いていたときの爪に関する感染予防

私は新卒で大学病院のNICUに配属になりました。

NICUは感染予防に厳しく、一処置一手洗い、手洗いした後や新生児に触れる前のアルコール消毒は徹底されていました。

 

NICUに配属になってすぐ、職場の認定看護師から感染予防に関する講義がありました。

そこでは手洗いやアルコール消毒の重要性と共に、手荒れについても触れていました。

 

「手荒れは感染リスクが上昇する」「爪が乾燥して割れると、新生児に怪我をさせてしまうことがある」

そのため、ハンドクリームでの保湿はまめにすることと、爪の保護が目的であればマニキュアを塗っても良いと。

 

私は当時とても驚いたのを覚えています。

「看護師なのに、ネイルしてもいいの?」と。

 

感染予防のためのマニキュアやジェルネイルって?

もちろん、ネイルの色は透明薄いピンクで、爪は短く保つこと。

ネイルが剥げるとそこに細菌が繁殖する危険性があるため、剥げないようにこまめに手入れすること

 

このような規定はありましたが、大学病院の方針としてネイルが許可されていたのです。

実際にネイルをした看護師がいたのがどうかはわかりませんが、病院としてネイルOKなことにびっくりしたのを覚えています。

 

看護師がマニキュアやジェルネイルを楽しむ方法

いくら感染予防として効果的でも、ネイルOKの病院ばかりではないのが現状です。

では看護師はネイルを楽しむことはできないのでしょうか?

 

答えは、看護師でもネイルを楽しむ方法はあります

ネイルはマニキュアとジェルネイル、スカルプチュアがあります。

 

マニキュアであれば自分で塗って、好きなときに落とすことができるので、休みの日やイベントで気軽に楽しめます。

百均にもたくさんのマニキュアやシールなどがあるので、500円程度で好きなデザインができますね。

 

ジェルネイルは自分でするには道具を揃える必要があり、落とすのにも手間がかかります。

しかしジェルネイルはマニキュアと違ってもちが良いので、足の爪にするとひと月程度綺麗な状態を楽しむことができるのです。

足の爪であればナースシューズで見えないので、派手な色やデザインでも問題なく楽しむことができますね。

 

スカルプチュアはジェルネイルと同じく自分でするにはハードルが高いのですが、短い爪でも好きな長さにできるというメリットがあります。

看護師は手の爪に長さを出すことはできないので、爪が割れてしまったときなどに、職場の方と相談して保護目的ですることがあるかもしれません。

 

看護師でもネイルOKの職場はある?

休みの日や足の爪以外でも、ネイルを楽しみたい。

そんなあなたは、看護師でもネイルOKの職場に転職することで、ネイルを楽しむことができます!

 

大きな病院では、大々的にネイルOKと求人に書いてあることはほぼないです。

しかし、病棟以外の職場ではネイルOKなところが意外とあるのです。

 

美容整形は看護師も身なりを綺麗に整えておく必要があるため、ネイルOKなところがあります。

個人のクリニックでは医院長の考え方によりますが、比較的緩い医院長であればOKなことも。

他には一般企業に勤める企業看護師治験コーディネーター(CRC)もネイルOKなことが多いです。

 

看護師はネイルOK?マニキュアやジェルネイルを怒られずに楽しむ方法まとめ

ネイルを楽しむ看護師

看護師でもネイルを楽しむ方法はあります。

  • 休みの日に自分でマニキュアをする
  • 見えない足の爪のマニキュアやジェルネイルをする

しかし常にネイルを楽しみたい、そんなあなたはネイルOKの職場に転職することを視野に入れても良いかもしれません。

 

派手な色やデザインでなくても、爪が綺麗な状態だと女性はテンションが上がりますよね。

ネイルをすることで爪が割れなくなれば、痛みもありませんし、感染予防の観点からも見ても良い状態と言えるでしょう。

 

しかし、看護師の求人に大々的にネイルOKと書いてあることはほぼありません。

そのため看護師転職サイトに登録して、ネイルOKがどうか確認してから転職するのが、ネイルを楽しめるようになるための近道です。

 

登録や利用料は無料なので、試しにネイルOKの職場があるかどうか探してみるのも良いかもしれませんね。

コメント