深爪を治したいのになかなか爪が伸びない…【12個の爪を早く伸ばす方法】

なかなか伸びない爪

深爪を治したいと思っている方は、できるだけ爪を早く伸ばす方法が知りたいですよね。

でもいままで深爪で生活していた人は、なかなか爪が伸びないと感じていると思います。

「深爪を治したい」

「なかなか爪が伸びない…」

「爪を早く伸ばす方法を知りたい」

なかなか爪が伸びないあなたに、深爪を治した私が爪を早く伸ばす方法を12個ご紹介します。

 

スポンサーリンク

爪を早く伸ばすためには、深爪になってしまう原因を知ろう!

爪を早く伸ばすためには、まずあなたがなぜ深爪になってしまうのか、その原因を知る必要があります。

原因がわかれば、その対策もピンポイントでできますからね。

 

深爪になってしまう原因は主にこの8つ

深爪になってしまう原因
  • 爪を切りすぎてしまう
  • 爪を噛んでしまう
  • 爪をむしってしまう
  • 爪を道具にしてしまう
  • 爪と皮膚の間を掃除してしまう
  • 水仕事が多い生活をしている
  • 爪が乾燥していて折れやすい
  • もともと爪が薄い体質である

人によってはひとつだけ当てはまる方、複数当てはまる方もいらっしゃると思います。

これらの原因ひとつひとつへ対策していくと、爪を早く伸ばすことができるのです。

 

爪は1ヶ月で約3mm伸びる

一般的に、爪は1日に約0.1mmの速度で伸びると言われています。

1日に0.1mmなら、1ヶ月では約3mm伸びる計算になりますね。

 

爪が伸びるスピードは季節によっても差があり、気温の高い夏は伸びやすいと言われています。

気温が高いと身体の新陳代謝もよくなるため、爪も伸びやすくなるのです。

 

その他に、年齢や身体の栄養状態によっても爪の伸びるスピードは変わってきます。

新陳代謝の活発な若い年代の人や、身体の栄養状態の良い人の方が爪まで栄養がいきわたり早く伸びる傾向にあるのです。

 

スポンサーリンク

爪を早く伸ばす具体的な方法

深爪になってしまう原因と爪が伸びるスピードを知った上で、爪を早く伸ばす具体的な方法をみていきましょう。

早く伸ばす具体的な方法
  • 爪は白い所を1ミリ以上残して切る
  • 爪を道具にしない
  • 爪と皮膚の間を掃除しない
  • 食器洗い等はゴム手袋を使う
  • ネイルオイルやハンドクリームでの保湿
  • 指をマッサージする
  • 水分をたくさん摂る
  • タンパク質を摂取する
  • ビタミンB2を摂取する
  • 亜鉛を摂取する
  • 規則正しい生活をする
  • ジェルネイルやマニュキュアで爪を保護する

爪は白い部分を1ミリ以上残して切る

深爪を治すためには、まず爪を切りすぎないことが大切です。

爪の白い部分は1mm以上残して切るようにしましょう。

 

同様に、爪を噛んでしまう、むしってしまう方はなるべく爪をいじらないようにして下さいね。

爪を道具にしない

爪を使ってシールを剥がしたり、ペットボトルのラベルを剥がしたり、爪を道具にするのはやめましょう。

爪の代わりにはさみを使用するなどして、爪以外の道具を使用します。

爪と皮膚の間を掃除しない

爪と皮膚の間に溜まったゴミが気になって、掃除してしまう人も多いと思います。

しかし爪楊枝などの尖った物で爪の間を掃除してしまうと、爪のピンクの部分が剥がれてしまうので、なかなか深爪が治りません。

 

爪の間のゴミは、お風呂のときにシャンプーをすれば自然と綺麗になります。

お風呂のときまで待てない、気になるからいますぐ綺麗にしたいという方は、爪用のブラシ歯ブラシを使って優しく掃除しましょう。

 食器洗い等はゴム手袋を使う

水仕事や洗剤を使うと爪も乾燥してしまい、伸びにくくなってしまいます。

そのため食器洗いなど洗剤を使用するときは、ゴム手袋を使うようにすると良いでしょう。

ネイルオイルやハンドクリームでの保湿

爪は乾燥すると割れたり欠けやすくなってしまうため、保湿することで爪を伸ばしやすくすることができます。

水仕事のときにはゴム手袋を使用し、その後に保湿をしてあげると乾燥を防げてさらに良いです。

指先をマッサージする

ハンドクリームやネイルオイルを塗ったとき、ついでに爪回りや指先をマッサージしてあげましょう。

マッサージすることで血行が良くなり、指先まで栄養がいきわたります。

爪のサイドを軽く押したり、爪が生えてくる根本を軽く押してあげると、爪を作る部分が刺激されて早く伸びやすくなります。

水分をたくさん摂る

乾燥対策には水分摂取も重要です。

毎日1.5-2Lの水を飲むと、爪だけでなくお肌も潤いますよ。

たんぱく質を摂取する

爪はケラチンというたんぱく質でできています。

そのためたんぱく質が不足していると、健康な爪が作りにくくなってしまいます。

 

爪を早く伸ばすためには、肉・魚・卵・乳製品・大豆製品など、良質なたんぱく質を摂取するよう心がけましょう。

ビタミンB2を摂取する

ビタミンB2には、皮膚や粘膜・髪・爪などの細胞の再生や成長を促進する働きがあります。

そのため、爪を早く伸ばすためには積極的に摂取していきたい栄養素です。

 

ビタミンB2はレバー、牛乳、卵、海苔やワカメ、納豆などに多く含まれています。

ビタミンB2は水に溶ける性質を持っているので、摂りすぎても健康を害する心配がありません。

亜鉛を摂取する

亜鉛はたんぱく質を合成するのに必要な栄養素になるので、健康的な爪を作るためにも必須なミネラル。

亜鉛は牡蠣やあさり、アーモンド、チーズ、大豆製品に多く含まれています。

 

食事から摂取するのが難しい場合は、サプリメントを取り入れても良いかもしれません。

 

また、ビタミンCには亜鉛の吸収を助ける作用があるので、一緒に摂取すると効果的に亜鉛を吸収することができます。

規則正しい生活をする

22時から午前2時までに寝ると成長ホルモンがたくさん出るので、お肌に良いと聞いたことはありませんか?

睡眠不足は肌だけでなく、皮膚の一部である爪にも影響を与えるのです。

 

爪を早く伸ばすためには、なるべく規則正しい生活をして、睡眠時間もしっかり確保したいですね。

ジェルネイルやマニュキュアで爪を保護する

ジェルネイルやマニュキュアで爪が折れないように保護すると、爪を早く伸ばすことができます。

しかしジェルネイルをオフする際に使うアセトンや、マニュキュアを落とすために使う除光液で爪は乾燥してしまいます。

 

あまり頻繁にネイルを変えないようにしたり、アセトンや除光液を使ったあとは保湿をする、除光液はアセトンフリーの物を使用するなど工夫が必要です。

 

スポンサーリンク

深爪を治したいのになかなか爪が伸びない…【12個の爪を早く伸ばす方法】まとめ

早く伸ばしたい爪

爪を早く伸ばす具体的な方法12個、ご紹介しました。

  • 爪は白い所を1ミリ以上残して切る
  • 爪を道具にしない
  • 爪と皮膚の間を掃除しない
  • 食器洗い等はゴム手袋を使う
  • ネイルオイルやハンドクリームでの保湿
  • 指をマッサージする
  • 水分をたくさん摂る
  • タンパク質を摂取する
  • ビタミンB2を摂取する
  • 亜鉛を摂取する
  • 規則正しい生活をする
  • ジェルネイルやマニュキュアで爪を保護する

あなたの爪が伸びない原因に合わせて実践しても良いですし、12個すべて実践できればより早く爪を伸ばすことができるかもしれません。

 

爪を早く伸ばして、綺麗な爪を手に入れて下さいね。

コメント