エンビロン(モイスチャージェル1・モイスチャークリーム1)を使って感じたメリット・デメリット

私はいまエンビロンというカウンセリングコスメを使っています。

エンビロンを使うと決めるまでに数え切れないくらいのブログを読み漁り、やっとエンビロンの購入に踏み切れました…!

そんな私の記録も誰かのためになるかと思い、エンビロンのメリット・デメリットをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

エンビロンを使い始めた理由

30代に突入して、ずっとあった頬のシミがすごく気になるようになりました。

あとは27歳くらいから目尻の笑い皺も。

もともと肌が綺麗と言われ続けた人生だったためか、ちょっとのシミがすごーく気になる…。

 

マスク生活が始まる前からノーファンデ(日焼け止めor化粧下地+フェイスパウダー)派だったので、30歳を機に、ファンデーションデビューも真剣に検討する日々。

そんなとき、ふと思い出したんです。

美容系YouTuberの方が使っていた「ドクターズコスメ」の存在を。

 

その方はエンビロンではなくゼオスキンを使っていたのですが、ビフォーアフターを見たら肌がものすごく綺麗になってたんです!

「ゼオスキン高そうだけど、やりたいな」

うっすら思っていた気持ちが、再燃してきたのです。

 

それからはYouTubeやブログなど、ゼオスキンの情報を調べまくりました。

そこで知ったのは、「守りのエンビロン」「攻めのゼオスキン」という言葉。

エンビロン?初めて聞いたなーと思いつつ、エンビロンについても詳しく調べていくと、私の場合はエンビロンの方が合っているのでは?と。

 

私は現在接客業で、人様に見られるお仕事をしています。

そのため、いくらマスク生活だからといってメイクできないくらい肌がボロボロになるのは避けたい。

年齢の割に肌も綺麗と言われるので、長い時間をかけてアンチエイジングに取り組む方が良いのではないか。

 

その結論に至って、ようやく美容クリニックの予約を取ることができたのです。

 

エンビロン(モイスチャージェル1・モイスチャークリーム1)を使って感じたメリット

エンビロンがどういう商品なのか、検索してこのブログに辿り着いて下さったあなたは、多分もう知ってますよね…?

長々エンビロンとは?を書くのも読むのも大変なので、ここでは割愛させていただきます。

(気が向いたら別記事で書くかもしれませんが)

 

私が感じたエンビロンのメリットは大きく3つ。

  1. シンプルなスキンケア手順
  2. 効果が感じられた
  3. 美容医療に課金するより安い

それぞれのメリットを少しだけ詳しく説明していきます。

 

シンプルなスキンケア手順

エンビロンはトーナー、ジェル、クリームの3つが基本的なライン。

なので、基本はこれを塗るだけのシンプルスキンケアです。

 

もちろんお悩みに応じてさらに商品を追加することもできるのですが、まずは基本の3つを続けてみてから追加する商品を選べば良いと私は思っています。

エンビロンの良いところは、トーナー、ジェル、クリームの全てを手のひらで混ぜて一度に塗る「ずほら塗り」が許されるのもポイントです!

 

普段オールインワンのジェルクリームを使っている方には、3ステップですらめんどくさいと感じてしまいますが、エンビロンは混ぜちゃえばワンステップでスキンケアが終了。

時短したい主婦やお仕事で疲れているOLさんでも、負担なく取り入れられます。

 

ちなみに私はトーナーだけ先に塗って、ジェルとクリームは混ぜて塗る派です(笑)

効果が感じられた

ここは個人差が大きい部分ですが、私はモイスチャーセットを使い切る前に、エンビロンの効果を実感し始めました。

具体的にいくつか書きたかったのですが、薬機法に触れたら怖いのでここでは書きません…ごめんなさい。

美容医療に課金するより安い

エンビロンを始める前に、シミ取りレーザーも検討していました。

しかし、シミを取っても復活することがあったり、私のシミは薄いのでレーザーに反応しにくいらしく、効果が出にくい可能性も…。

 

レーザーも決して安い金額ではないし、きっとシミを取ったら次は毛穴が気になったりして、ダーマペンとか色々やりたくなってしまうはず。

それなら初めから全顔になんらかの対策をした方が、結果として安上がりなのでは?と。

 

できてしまった物に対応するよりも、早い時期からアンチエイジングを始めた方が、歳を重ねたときに絶対に綺麗な肌でいられると思ったのです!

できてしまった物を消す方が、絶対お金も時間もかかりますからね。

 

エンビロン(モイスチャージェル1・モイスチャークリーム1)を使って感じたデメリット

メリットを3つ挙げたので、今度はデメリットを3つ。

  1. 価格が高い
  2. クリニックに買いに行く手間がある
  3. 効果を感じられるかどうかの個人差が大きい

価格が高い

エンビロンを始めたいと思ったときの、一番のデメリットは価格が高いことだと思います。

トーナーも1万円近くするし、ジェルもクリームも安い物ではない。

私も相当悩みました。

 

そんなときに見付けたのが「モイスチャー1セット」だったんです。

モイスチャー1セットは、

・ミニクレンジング
・ミニトーナー
・モイスチャージェル1
・モイスチャークリーム1

がセットになっているのですが、注目すべきはモイスチャージェルとクリームは現品サイズなのです!

(1番はどちらも現品サイズが25ml)

そして気になるお値段ですが、なんとモイスチャージェルとモイスチャークリームを両方買った値段と、モイスチャー1セットは同じ値段なんです!

 

これ、買わない理由ありますか?

まずお試しでモイスチャー1セットを使ってみて、効果が期待できそうなら継続するもよし、気に入った使い心地の商品だけをリピートするもよし。

さらに、ご自分の使い方だと基本の3セット(トーナー、ジェル、クリーム)で月にいくらくらいかかるのか計算することもできるのです。

 

ちなみに私はモイスチャー1セットを夜だけ使用して2ヶ月持ったので、そんなにコスパ悪くないかもしれないと思い、基本の3商品すべて継続することにしました。

クリニックに買いに行く手間がある

これはカウンセリング化粧品である以上、避けては通れない道。

ですが、エンビロンはゼオスキンとは違い、美容クリニックや皮膚科以外でも購入することができます。

 

エンビロンを取り扱っているクリニックやエステがお近くにない場合、公式サイトからの購入も可能です。

(モイスチャー1セットのみ、楽天などでも購入できます)

 

ただ、個人的には公式サイトではステップアップに縛りがあったり、実際に肌の様子を見てもらえないので、通える範囲にクリニックやエステがある場合は多少面倒でも通った方が良いと思います。

 

エンビロンはゼオスキンよりもマイルドな効き目とは言え、その人その人によって効果の出方やA反応にも違いがあります。

そんなときに、相談できる人がいるのは大変心強いと思うからです。

 

「本格的にエンビロンを使うかまだ迷ってるし、エステとかクリニックに行ったらいろんな商品をおすすめされそうで不安」

そんな方におすすめなのは、まずモイスチャー1セットをネットで購入してお試してしてみることです。

 

モイスチャー1セットが現品を購入するよりお得なのはもちろんですが、エンビロンを使ってみないことにはどうするかなんて決められないですよね。

通販なら他の商品を勧められることはないですし、合わなければ後腐れなく辞められます。

 

エンビロンを実際に使ってみて、わざわざクリニックやエステに足を運ぶ価値があるのか判断して下さい。

 

ちなみに私は美容クリニックでエンビロンの他にシミ治療の内服セットを購入しているので、クリニックに行くのが面倒でも行く価値はあると思っています。

効果を感じられるかどうかの個人差が大きい

もしかしたらこれがエンビロンの一番のデメリットかもしれません。

 

その人その人によって、肌に蓄えられているビタミンAの量が違うので、効果やA反応にばらつきが出ます。

また、エンビロンは弱いビタミンA濃度からだんだんステップアップしていく商品なので、なおさらモイスチャー1セットだけでは効果を感じにくいかも…。

 

うーん、こればっかりは使ってみてとしか言えないところなので、本当になんとも言えません。

私は効果を感じられたし、大体月にどのくらいの金額がかかるのかもわかったし、その金額を投資する価値があると思えたので続けることにしましたよ。

 

エンビロン(モイスチャージェル1・モイスチャークリーム1)を使って感じたメリット・デメリットまとめ

以上のメリット・デメリットを踏まえて、私はもう少しエンビロンを使い続けてみようと思っています。

エンビロンを使い始めてからの経過写真も撮っているので、そのうちまとめてアップしたいなぁ…。