医療脱毛の痛みに耐えられない方は光脱毛を併用【お得に光脱毛を契約する裏ワザ】

脱毛したつるつるの脚

「医療脱毛ってすごく痛いって聞くけど、痛みに耐えられないかも…」

と心配していませんか?

 

実は私も「クリニックでの医療脱毛は、痛みに耐えられないかも…」と心配していたうちの一人でした。

そんな私が選んだ脱毛方法は、脱毛エステサロンでの光脱毛でした。

 

クリニックでの医療脱毛は効果が出るのが早いため、「ワキは早くつるつるにしたい」という方は、医療脱毛を選択するのもありだと思います。

しかし、脱毛部位の中でも激痛と名高いVIOを含んだ全身脱毛を検討している方は、ちょっと考え直した方がいいかもしれません。

 

クリニックでの医療脱毛を検討していて痛みに耐えられるか心配な人は、部分的に光脱毛を併用するやり方が一番負担なく脱毛完了することができると思います。

光脱毛で全身脱毛をした私が光脱毛を併用するメリットや、一番お得に光脱毛を契約する裏ワザをこっそりご紹介します。

 

光脱毛を併用するメリット・デメリット

医療脱毛を検討していて痛みに耐えられるか心配な場合、光脱毛の併用が身体に負担なく脱毛できる方法です。

  • 早く効果を出したい、毛がしぶとい(太い、毛量が多い)部位は医療脱毛
  • 痛みが強いVIOは光脱毛

このように自分の希望に合わせて部位ごとに脱毛を組み合わせることができるのが、光脱毛を併用する一番のメリットです。

また光脱毛の方が脱毛完了までの時間はかかってしまいますが、料金は安いというメリットもあります。

 

逆に光脱毛を併用するデメリットとしては、医療脱毛のクリニック、光脱毛のエステサロンと2ヶ所に通う時間的・金銭的(交通費等)負担があること。

光脱毛の方が脱毛完了までに時間がかかるので、脱毛完了までの時間が伸びることが挙げられます。

 

光脱毛を併用することのデメリットをカバーするには?

光脱毛を併用するデメリット
  • 医療脱毛のクリニック、光脱毛のエステサロンと2ヶ所に通う時間的・金銭的(交通費等)負担
  • 光脱毛の方が脱毛完了までに時間がかかるので、脱毛完了までの時間が伸びる

実は、これら光脱毛を併用するデメリットをカバーする方法があります。

それは自宅で好きな時に好きなだけ脱毛できる、家庭用脱毛器ケノンを使用することです!

自宅で好きな時に好きなだけ脱毛できる、家庭用脱毛器ケノン

脱毛器を購入してしまえば、医療脱毛のクリニックと光脱毛のエステサロンに通う時間的・金銭的(交通費等)負担は解消することができます。

 

自宅で好きな時に脱毛することができるので、クリニックや脱毛エステサロンに通う必要はなくなるので時間と交通費を節約することができるのです。

往復のちょっとした時間の積み重ねで、家事をしたりテレビを見る時間を作ることができますよね。

 

光脱毛を併用すると脱毛完了までの時間が伸びる点に関して、ケノンは2週間の周期で脱毛することが推奨されています。

脱毛の完了までの期間は毛周期の影響を受けるのですが、2週間という短いスパンで照射することで、毛への当て漏れを減らすことができると考えられます。

そのため効率的に脱毛を進めることができます。

 

2週間という周期の他にも、脱毛エステサロンの場合は、予約を取りたい日に取れない可能性も0ではありません。

そのため、より脱毛完了まで時間がかかることも考えられるのです。

その点もケノンであれば好きな時に脱毛することができ、結果として早めに脱毛完了することができます。

 

⇒家庭用脱毛器ケノンを見てみる

 

光脱毛を併用することのデメリットをカバーするもうひとつの方法

自分で脱毛器を当てるのがめんどうな人は脱毛エステサロンに通うのが、最も簡単な方法です。

たくさんある脱毛エステサロンの中で、一番安く脱毛できるのがKIREIMO(キレイモ)です!

脱毛エステサロンKIREIMO(キレイモ)

KIREIMO(キレイモ)がおすすめな理由
  • 月額と回数制の選べる料金プラン
  • 1回の来店で全身脱毛できる
  • 痛みの少ないマシンの導入
  • 施術前のジェルが不要
  • 施術後のローションを選べる(スリムアップorプレミアム美白)
  • お得な「のりかえ割」がある

キレイモは他の脱毛エステサロンと違い、1回の来店で全身脱毛をすることができます。

そのため複数回来店する手間もかかりませんし、予約も取りやすくなっています。

 

他の脱毛エステサロンでは施術前に冷たいジェルを塗布するのですが、キレイモでは施術前にジェルの塗布が不要です。

そのためジェルのひやっとした不快感がなく、寒い季節も辛い思いをすることがありませんでした。

 

VIOは多少の痛みはありますが我慢できる範囲ですし、もし痛みを感じた場合でもマシンの出力を調節してくれるので心配ありません。

ちなみに私の場合、VIO以外の部位ではそれ程強い痛みを感じませんでした。

 

キレイモでは施術後に使用する保湿ローションをスリムアップと自白から選ぶことができるので、脱毛しに来たのにプチエステを受けた気分も味わえます(笑)

 

キレイモにはさまざまな魅力がありますが、その中でも一番の魅力がお得な「のりかえ割」です。

「のりかえ割」とは、他の脱毛エステサロンからののりかえで最大50000円割引になるサービスです。

他のサロンに通っている人は「のりかえ割」を利用しない手はありませんよね。

 

⇒キレイモのお得な「のりかえ割」をチェック

 

他のサロンに通ってないけど「のりかえ割」を使う裏ワザ

ここだけの話、現在他の脱毛エステサロンに通っていないけれど、キレイモの「のりかえ割」を使う裏ワザがあるのです。

それはミュゼプラチナムのキャンペーンプランに申し込むという方法です!

 

「え?キレイモで契約したいのに、なんでミュゼに申し込むの?」

と思いますよね。

 

この裏ワザは、ミュゼで定期的に行っている数百円で契約できる安いキャンペーンに申込み、その後キレイモの「のりかえ割」を使ってお得に契約するという方法なのです。

ミュゼと契約した状態でキレイモにのりかえる形になるので割引が適応され、最大50000円引きでキレイモに通うことができます。

 

▼11月からはLINEの友達登録をするとさらに半額…?ミュゼのキャンペーンはこちら▼
【今だけ!】360円で全身2回+両ワキVライン1年通い放題

 

医療脱毛の痛みに耐えられない方は光脱毛を併用【お得に光脱毛を契約する裏ワザ】まとめ

医療脱毛の効果は光脱毛より大きいです。

しかし医療脱毛は痛みが強いという欠点があるので、脱毛時の痛みが苦痛で脱毛を継続できなければ、脱毛は完了せず本末転倒な結果になってしまいかねません。

 

特にVIOは光脱毛でも痛みを感じるくらいなので、医療脱毛では悶絶するほど痛いと思います。

そのためVIOだけ光脱毛で脱毛するなど、光脱毛を併用する形の方が身体に負担がかからないです。

 

家庭用脱毛器ケノンで時間とお金を節約して脱毛する方法。

脱毛エステサロン「キレイモ」を一番お得に契約する裏ワザもご紹介しました。

 

医療脱毛の痛みに耐えられるか心配な方は、光脱毛を併用してお得に脱毛して下さいね。

 

コメント