未経験でも問題なし!看護師の転職に必要な経験やスキル【臨床経験3年未満でも転職できる】

看護師として働きだしてから3年は、特につらい時期ですよね。

新社会人として働くストレスに、看護師ばかりの女社会、人によっては初めてのひとり暮らし…。

 

まして看護師は資格を取れば働ける職種ではなく、働き出してからの勉強も不可欠です。

朝早く病棟に行って時間に追われつつも業務をこなし、怖い先輩と振り返り、帰宅してからも勉強の日々。

いつしかそんな生活に疲れ切って、「看護師を辞めたい」と思ってしまうことも一度や二度ではないでしょう。

 

しかし看護師を辞めようと思っても、師長や先輩、学校の先生や転職サイトの人に必ず言われることがあります。

「臨床経験3年ないと、どこにも雇ってもらえないよ」

「卒後3年は病棟で経験を積まないと、今後の看護師としてのキャリアが狭くなる」

「せめて採血とかルートキープくらいできなきゃ看護師として使えない」

私は新卒1年未満で退職しましたが、その後に看護師として受けた面接で落ちたことはありません

NICU出身なので、採血や点滴もできないような看護師でしたが、転職するときに困ったことがないのです。

 

そこで「臨床経験3年神話」が当たり前の看護師の転職において、本当に必要な経験やスキルについて私が感じたことをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

看護師経験が3年未満と少ないと転職に不利なの?

看護師経験が少ないと転職に不利?

「転職を考えているけれど、看護師としての経験が3年もないから転職できるか不安…」

大丈夫です、私は看護師経験1年未満でしたが何度も転職に成功しています。

 

もちろん、経験者や即戦力が欲しい職場にはなかなか採用されないかもしれません。

しかしどの職場でも看護師は不足しているので、経験が少なくても必ず採用してくれる職場はあります

自分の経験やスキルを素直に伝えて、フォローや教育してくれる職場を選びましょう。

看護師経験が少ないと次の転職に不利だから病棟への転職を勧められた

そうは言っても、周りの人は看護師経験を積むためにも、病棟への転職を勧めてくるでしょう。

しかし、ここで一度よく考えて下さい。

 

あなたは今後、病棟の看護師として働きたいですか?

それとも、看護師として希望の職場で働きたいですか?

 

あなたは今後、どこで看護師として働きたいのか

看護師として働ける職場

今後、病棟の看護師として働きたい、認定・専門看護師になりたい。

そんなあなたは、次の職場も病棟を選んだ方が良いでしょう。

 

しかし、病棟以外の職場で看護師を続けていきたいあなたは、必ずしも病棟にこだわる必要はないと思います。

なぜなら、病棟と同じ診療科を選んだとしても、職場によってやり方や必要な知識・技術は異なるからです。

 

もちろん病棟で学んだ知識や技術は、他の職場に行っても役に立ちます。

しかし、人によっては病棟での経験が邪魔になることもあるのです。

 

病棟での看護師経験が転職の邪魔になる?

看護師経験が転職の邪魔になることも

例えば、クリニックや施設では病院のように物品が充実していないことがあります。

そのため、病棟ではディスポ製品を使用していたのに、滅菌処理をした物を使用することも良くあります。

 

病棟看護師は、滅菌処理をしたことない方が大半だと思います。

「滅菌処理なんて看護師の仕事じゃない」

そうも思ってしまう方は、クリニックや施設への転職はうまくいかないかもしれません。

 

また、クリニックは大きな病院ではあまり意識することのなかった「コスト」を考える必要も出てきます。

採血ひとつとっても、直針の方が翼状針よりコストが安いので、血管が細く取りずらい患者以外は直針で採血するように言われるのです。

もし直針での採血経験がなければ、新しく練習する必要がありますね。

 

コストの関係で、採血時に手袋がないクリニックも少なくありません

あなたは採血のとき、素手で行う勇気はありますか?

もちろん、自分の身を守るために手袋をした方が良いのは当たり前のこと。

 

しかし、クリニックの医院長に「コストの関係で手袋を使ってはいけない」と言われたら?

その環境に適応できないのであれば、そのクリニックでは働くことはできないでしょう。

(自前で準備するのであれば使用可能な場合もあるかもしれませんが…)

 

ここに挙げたのはほんの一例ですが、この他にも職場によってはまだまだたくさんのローカルルールがあります。

病棟での経験が長くなればなるほど、以前の病棟とのギャップが大きくて転職した後に苦労することもあるのです。

 

実際、未経験歓迎と求人票に記載されているクリニックでの面接で「病棟経験が長い人ほど、うちのクリニックのルールに馴染めなくて辞めてしまう人が多い」「だからなるべく未経験の看護師を採用するようにしている」と言われたこともあります。

なので、職場によっては臨床経験が3年未満でも問題なく転職できると言えます。

 

看護師として転職するときに本当に必要な経験やスキル

看護師として転職するときに必要な経験やスキル

臨床経験が少なくても転職できるいっても、看護師として転職するときにどんな経験スキルがあると役に立つのか知りたいですよね。

私はいままで看護師・保健師として会社は正社員で5ヶ所、パートで2ヶ所、短期のアルバイトで1ヶ所の職場で働きました。

 

その経験から、看護師として転職するときに役に立つと感じた経験とスキルはこちら。

転職するときに役に立つ経験やスキル
  • 採血
  • 点滴
  • ルートキープ
  • 皮下注射・筋肉注射
  • おむつ交換
  • 浣腸・摘便
  • 吸引
  • 血糖測定

どこに転職するかにもよりますが、このくらいの看護技術があれば、あとは転職先の職場で勉強しながらでも十分に働くことができます。

未経験の診療科や領域でも、フォロー体制が整っている職場であれば、働きつつ学んでいけば良いのです。

 

私はNICUでの経験しかなかったので、新生児のおむつ交換・浣腸・吸引しかできませんでしたが、転職先の看護師に教えてもらいながら、採血等の技術を身に着けることができました。

しかし、本当に必要な経験やスキルは、コミュニケーション力学ぶ姿勢だと私は思うのです。

経験が少ない看護師が転職に必要なのはコミュニケーション力と学ぶ姿勢

もしあなたが臨床経験が少ない看護師を採用する際、どんな看護師だと採用したいと思いますか?

  • 職員や患者とコミュニケーションが取れて、感じの良い人
  • やったことのない処置や技術も一生懸命学ぼうとする人

私が経営者であれば、この2点を満たした看護師を採用したいと思います。

 

いくら看護師として優秀な経歴を持っていたとしても、患者からの評判が悪ければ、職場の信用に関わります。

また既存の職員ともコミュニケーションが取れなければ、技術を教えるのにも苦労しますし、職場の空気が重たくなってしまうことも。

 

職場が変われば経験のある処置や手技も、必要物品や手順が違うのはよくあること。

それを「前の職場ではこうやっていた」と文句を言ったりせずに、素直に学ぶ姿勢も大切です。

もし転職先のやり方にどうしても疑問があるのであれば、あなたが職場での信頼を得てから新しいマニュアルを作れば良いのです。

 

未経験でも問題なし!看護師の転職に必要な経験やスキル【臨床経験3年未満でも転職できる】まとめ

看護師としての臨床経験が3年未満でも問題なく転職できる

看護師としての臨床経験が3年未満でも、問題なく転職することができます

経験年数が少ないうちは必ずと言っていいほど、病棟への転職を勧められると思います。

 

しかし周りの意見に流されずに、自分がやりたい看護ができる、自分が働きたい職場へ転職して下さい。

看護師として働くのは、周りの人ではなく、あなた自身なんですから。

 

転職する際にはハローワーク看護師転職サイトを上手に利用して、未経験歓迎やできる技術が少なくても教えてくれる職場を探しましょう。

面接では、間違ってもできないことをできると言ってはいけません。

自分の経験やスキルを素直に伝えて、フォローや教育してくれる職場を選ぶことが、転職に成功する秘訣です。

 

採用された後は、きちんと挨拶をしてコミュニケーションを取る一生懸命学ぶ姿勢を忘れないで下さいね。

コメント