新卒看護師が仕事を辞めたいときの退職の伝え方【辞め方5選】

富士山と女性
スポンサーリンク

新卒で看護師になった最初の1年は、辞めたいと思うことが多いですよね。

私も新卒のときは「辞めたい」「看護師には向いていない」「看護師をずっと続けていくなんて無理」と何度も思いました。

 

看護師を辞めたいと思って誰かに相談しても、止められることがほとんどです。

「どんな仕事でも最初は辛いもの」
「辛いのはあなただけじゃない」
「私の頃はもっと大変だったのよ」
「石の上にも3年、3年勤めてみないと何もわからないでしょ」
「どれだけ辛くても仕事を辞めたら生きていけないよ」

こんなことを言われると、辞めたいと思う自分の我慢や努力が足りないのかと感じてしまいます…。

しかし私は、我慢し続けて体調を崩すくらいなら、看護師に限らずどんな仕事でも辞めて良いと思います。

 

看護師を辞めるか迷っている人は、こちらの記事を読んでもう一度よく考えてみて下さい。

 

良く考えた結果、いまの職場を辞めると決めたのなら、その決断は間違っていません。

新卒看護師は必ずと言っていいほど引き止められます。

どうしたら辞めさせてくれるのかわからないというあなたに、数々の職場を辞めてきた私が退職の伝え方をご紹介します(笑)

 

スポンサーリンク

5つの退職の伝え方

職場を辞めるときは、上司に退職したいことを伝えなければなりません。

それでは具体的な退職の伝え方を説明していきます。

師長に話す

気まずいかもしれませんが、直接師長に話すのが退職の伝え方として一番多い方法です。

勤務開始前に「お話ししたいことがあるので、お時間作っていただけますか?」とお願いし、勤務時間中や勤務終了後に話をする時間を作ってもらいましょう。

 

この方法のデメリットは、最初は必ず引き止められるということです。

引き止められても絶対に辞めるという強い意志があれば問題ありませんが、師長にうまく丸め込まれることがほとんどだと思います。

師長は看護師経験も長いため、退職の申し出には慣れているからです。

 

数回話す機会を設けてもらい退職の意思は揺るがないことを伝え続けるか、この後に紹介する方法と合わせて辞めたいことを伝えてみて下さい。

電話する

面と向かって話すと緊張してうまく話せない場合は、電話で退職したいことを伝える方法もあります。

休みの日に勤務表で師長が出勤していることを確認して、病棟が忙しくない時間帯に電話しましょう。

電話で退職の意思を伝えても面談しようと言われると思いますが、一度辞めたいことを伝えているので面談でも同じように辞めたいことを伝えましょう。

退職届を出す

看護師の場合、退職届を出すというのはあまり一般的ではないかもしれません。

しかし直接伝えにくい方は退職届を書いて師長に直接渡すか、休憩室にレターボックス等があればそこに入れておきましょう。

ただし、退職届を出しても面談になる可能性は高いです。

「退職届」「退職願」は違います。
「退職届」の方がより厳格な書類なので、辞める意思が固まっている場合は「退職届」を出しましょう。

音信不通にする(バックれる)

突然出勤しないという強行手段。

学生時代のアルバイト等でバックれたことがある方もいるかもしれません。

ですが音信不通にすることはおすすめできません。

 

身上書や保証人として親の連絡先を書類に書いている場合、まず親に連絡が行きます。

病院の寮に住んでいる場合は、寮に師長ら職場の人がやってきます。

そのため、完全に音信不通で突然姿を消すことは難易度が高いです。

 

どうしても職場に行けず連絡もできないときは、親や同期に伝えてもらった方が良いと思います。

連絡がないと職場の方々も心配しますし、あなた自身いつ連絡が来るか不安で落ち着かなくなってしまいます。

退職代行サービスを利用する

ここで紹介したどの方法もできなかったときは、退職代行サービスを利用するという方法もあります。

私が新卒の頃は、退職代行のサービス自体を知りませんでした。

 

私は自分で退職を伝えることが苦手(というか突然出勤できなくなることが多い)ので、いまなら絶対利用すると思います。

 

「でも、退職代行サービスを依頼するのにお金かかる…」

と心配になる方もいますよね。

 

わたしNEXTでは提携している転職サポート会社のサービスを利用して転職が成功すれば、転職お祝い金が貰えるんです。

転職お祝い金をいただければ、退職代行料金の負担なく退職することができます。

ちなみに女性の退職代行と書いていますが、男性も利用できるので問い合わせの際に合わせてご相談下さい。

 

「でも退職代行を使って会社(病院)から訴えられるかもしれないのが不安…」

そんな不安がある方は、弁護士が対応してくれる退職代行サービスを利用するのが安心です。

わたしNEXTと比べると安全退職ドットコムは料金はやや高めですが、弁護士が対応してくれるので、万が一損害賠償請求された場合もそのまま対応してもらえます。

安心を買うという意味なら、この価格も決して高すぎないですね。

 

新卒看護師が仕事を辞めたいときの退職の伝え方【辞め方5選】まとめ

新卒で看護師を辞めたいと思うことはたくさんあると思います。

1年目は特に辛いですが、看護師として働くために頑張らなければならないときもあります。

しかし、職場の人間関係や夜勤などの勤務形態が合わない場合、退職することは間違っていません。

 

退職を伝えるのは勇気が必要ですが、きちんと退職の手続きをした方が、次の職場でも気持ち良く働けると思いますよ。

 

 

コメント